© 2015 by M.Saiga, BCTR

Proudly created with Wix.com

乳房再建について

 

当センターの乳房再建の特徴は

① 自家組織再建と人工乳房(インプラント)による再建のどちらも選択可能なこと,

② 乳癌の手術と同時に乳房再建術を実施する一次再建の数が多い事です.

当センターでは,開設以来数多くの自家組織再建を行ってきました.特に, 高いマイクロサージャリー技術を必要とするDIEP flapの症例数は全国トップクラスです.また従来は自費診療であったエキスパンダー/インプラントによる乳房再建も,2013年より保険診療で行うことが可能となりました.(当施設は乳房オンコプラスティックサージャリー学会の実施施設基準を満たしています.)

 

 

 

 

一次乳房再建(腫瘍切除と同時に再建すること)は, 二次再建(後で再建すること)に比べて, 患者さんの乳房喪失感 が少ないというメリットがありますが, 施設によっては手術枠やマンパワーといった医療側の要因で制限される場合があります.当院では,患者さんの要望に沿い,可能な限り一次再建を行っております.

もちろん, 二次再建も行っております.二次再建の場合は皮膚が不足するという欠点はあるものの,再建方法をじっくり考えられるというメリットもあります.

 

どのような方法で乳房再建を行うのが良いかは,患者さんと医療者が話し合って決定します.

形成外科医は,患者さんが受けられた乳がん手術の大きさ,残存した組織の量,健側の乳房の大きさ,さらに体型や職業等を考慮しながら,どのような選択肢があるのかご説明します.

しかしどの方法が最良であるかは,患者さんの価値観によって違い,最終的に決定をするのは患者さん自身です.

後で後悔のない選択をするためにも,手術について理解し,術後のイメージを持っておく事が大切です.

 

また, 乳腺外科と形成外科が連携し,

術後の放射線治療や薬物療法のスケジュールに合わせた乳房再建のプランニングを行っております.

 

こちらのページでは,以下の内容について簡略に記載しております.再建術式選択のご参考にして下さい.

Please reload

1. 乳房再建の時期について

乳房再建を行う時期は,乳房切除と同時に行う一次再建(即時再建)とあとで行う二次再建があります.

一時再建でも二次再建でも, 自家組織かインプラントかを選択することができます.

一次再建の場合,自家組織を選択した場合は手術が1回で済みます.

インプラントを選択した場合は,大胸筋下のスペースを拡大する必要があるため通常2回の手術が必要です.健側の大きさ次第では1回でインプラントを挿入できる場合もあります.

また再建方法が決められない場合は,エキスパンダーを挿入しておいて,後日自家組織かインプラントで再建することも可能です.

一次再建

二次再建

二次再建のケースでは,多くの場合乳房の皮膚が不足しています.

自家組織再建では1回の手術で不足した皮膚も移植することができますが,他の部位から移植した皮膚がパッチワーク状に露出することになります.これを避けるために,まずエキスパンダーを挿入して胸部の皮膚を引き延ばしてから自家組織を移植する方法もあります.

インプラントを用いる場合は,一次再建と同様に通常2回に分けて手術を行います.

 
 

2. 自家組織再建

代表的な方法は,背中の組織を使う方法(広背筋皮弁)とお腹の組織を用いる方法(腹部皮弁)です.

広背筋皮弁

背部の大きな筋肉(広背筋)とその上の皮膚と脂肪を用いて乳房をつくります.あまり脂肪が厚くない部分であるため,大きな乳房の再建には向きません.

再建にかかる時間は4〜5時間です.

広背筋を犠牲にしますが,運動機能は他の筋肉が代償するため日常生活に支障はありません.ただしつっぱり感や肩こりなどの症状が出やすい場合があります.

 

腹部皮弁(DIEP flap)

腹部の皮膚・脂肪を使って乳房をつくります.

組織を栄養する血管を顕微鏡下でつなぎ直す必要があるため,手術時間が長くかかります(6〜7時間).血管が詰まると皮弁が壊死してしまうというリスクがあります.リスク低減のため,術前から禁煙が必要です.

腹直筋を温存する方法ですが,腰痛やヘルニアなどの合併症が考えられます(予防のため術後3ヶ月はガードル装着をお願いしています).

 

3. 人工乳房(インプラント)を用いる方法

エキスパンダー/シリコンインプラントは2013年7月より保険適応となりました.当院は認定施設です(認定施設でのみ保険適応です).

インプラントは大胸筋の下のスペースに挿入する必要があります.十分な皮膚と大胸筋が残っており,比較的健側の乳房が小さい場合はダイレクトにインプラントを入れることができます(1回法,一期再建).皮膚や大胸筋の下のスペースが十分でない場合は,まずティッシュ・エキスパンダーを挿入する手術を行い,十分に拡張してから後日インプラントに入れ替えます(2回法,二期再建).

一次再建でも二次再建でも選択肢になりますが,一次再建の場合はステージⅡ以下の場合に適応になります.大胸筋が切除されている場合は適応外です.

インプラントを用いる場合の合併症は,感染,特有の変形(皮膜拘縮),破損などです.術後は1年に1回の診察と2年に1回の画像検査が必要です.

 

4. ティッシュ・エキスパンダー(医療用風船)を用いる方法

皮膚や大胸筋の下のスペースが不足している場合,ティッシュ・エキスパンダーと呼ばれる医療用風船を挿入して,生理食塩水を注入することで徐々に皮膚・筋肉を引き延ばします.後にシリコンインプラントまたは自家組織に入れ替えます.エキスパンダーを挿入する期間は健側の乳房の大きさや乳がんの治療によって違います.

大胸筋が残っていない場合には使用できません.一次再建の際に手術まで間がなく,インプラントか自家組織か決められない場合にエキスパンダーを入れておくという選択肢もあります.

エキスパンダーには金属が入っているため,エキスパンダーが入っている期間はMRIの撮影ができません.(インプラントか自家組織に入れ替えた後は,MRIの撮影は問題ありません.)

 
◆自家組織再建と人工乳房(インプラント)を用いる再建の比較

当院は,日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会の定める乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施認定施設です.

そのため,エキスパンダー/インプラントを用いた乳房再建も保険適応となります.

5. 乳輪・乳頭再建について

乳輪・乳頭が切除された場合には,これらの再建をすることができます.まずは乳房のふくらみを再建し(自家組織移植またはインプラント),傷が落ち着くのを待って3〜6ヶ月経ってから行います.

乳頭の再建方法には①健側の乳頭から半分移植する方法,②皮弁を用いる方法があります.

乳輪の再建方法にはA.鼠径部の皮膚を移植する方法,B.tatooで色素を入れる方法があります.

それぞれの好みの方法を組み合わせて治療を行います.(例:乳頭は①×乳輪はBなど)

いずれも日帰り手術が可能です.

術後しばらくは,再建した乳頭が潰れないよう,ドーナツ状のスポンジを付けていただきます.

 

6. 乳房再建後の下着について

こちらをご覧下さい.

 

術前に再建外科医に聞いておきたいこと

 「十分にイメージが持てない」「先生に何を聞けばいいかわからない」という方へ.

 ここに挙げた質問は,乳房再建術を受けられる前に担当医に聞いておくべきことの例です.ご参考になさって下さい.

・乳房再建の合併症は?

・健側乳房とのバランスは?

・同じような方法で再建した方の写真はありますか?

・触れたときの感覚はどのようになりますか?

・回復に要する時間は?

・退院後に必要な創部のケアは?

・退院後はどの程度の活動ができますか?

・仕事や運転はいつごろから可能ですか?

・同じような再建手術をした方と会えますか?

・乳房再建は化学療法や放射線治療,検査に影響しますか?

・インプラントの入れ替えが必要になるのはどんなとき?

・年月とともにどのように変化しますか?

・体重が増えたり減ったりしたらどの様になりますか?

・他の再建方法はありませんか?

・帝王切開をしていても腹部皮弁による再建はできますか?

・皮弁が壊死した場合,どのように乳房再建を行いますか?